各体験コーナー
11月5日(土)はリーブラホールでステージイベントを開催!
端唄ヒットパレード! ~伝統の調べ~
[会場] リーブラホール
[日程] 11月5日(土)
[開演] 13:00(開場 12:30/終演予定 13:30)

おなじみの端唄を花季利恵社中の花季福恵が唄い、花季こづ恵、花季悠、花季英恵、花季翠が三味線を演奏します。
「端唄」というと、「長唄」「小唄」と並んで日本の伝統芸能に分類されますが、江戸や明治の時代の人にとっては、まさに「流行り歌」でした。今の時代に置き換えると、テレビで流行っている芸人のリズムネタを真似したり、ドラマやCMなどで流され流行っている曲をカラオケで歌うような感覚に近いものでした。
今回は、そんな江戸庶民の流行歌「端唄」の中でも、おなじみのナンバーを披露します! まさに「端唄」のヒットパレード! 初めての方も、ぜひ「端唄」の世界をご堪能ください。

演奏曲目(予定)
「春雨」「伊勢音頭」「からかさ」「和藤内」「芝に生まれて」「ギッチョンチョン」「奴さん」

[協力]新橋 石村屋
「江戸端唄」とは
「端唄」は、三味線を伴奏とした1分から3分くらいの短い歌曲のことで、「小唄」の源流と言われています。江戸端唄は、江戸時代中期以降、幕末から明治・大正にかけて日本全国で、庶民に親しまれた流行歌です。大人の恋物語、故郷への思い、社会の風刺、流行りの言葉、四季の移ろい、庶民の心を謡った唄が三味線の粋な調べにのせて詠われています。
 
親子で楽しむアニメ映画上映会「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」
  • [会場] リーブラホール
    [日程] 11月5日(土)
    [開演] 14:00(開場 13:40/終演予定 15:30)

    小さなお子様もどなたでも参加できます。
    どなたでも楽しめるバリアフリー上映。
    ・日本語吹き替え
    ・日本語字幕付き
    ・視覚障害者向け音声ガイド付き
    ガイドをお聞きになる方は、当日、会場でお申し出ください。
    無料でガイドラジオをお貸出しします。(先着20名)
    終演後、別室で、感想交流会(16:00〜16:30)を行います。ご参加ご希望の方は、当日、お申し出ください。終演後、整理券をお配りします。(先着35名)

    [協力]東京中小企業家同友会港支部(ワイズ・インフィニティ)
  • くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ
『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』
大きくて無愛想なくまのアーネストおじさんと、小さなネズミの女の子セレスティーヌの出会いと冒険を描いた、ハートウォーミングな作品。更に淡い水彩画タッチの可愛らしい絵柄と、表情豊かで緩急に富んだ作画も魅力的!

STORY
アーネストおじさんは、大きくて無愛想なクマ。腹ぺこでゴミ箱をあさり、最初に見つけたものを口に詰めこもうとしたそのとき、金切り声があがった。「わたしを食べないで!」。飲み込まれようとしていたのは、小さなネズミのセレスティーヌ。「わたしを食べなければ、かわりにあなたがこの世で一番欲しいものをあげるわ」。こうしてセレスティーヌは一命をとりとめた。この奇妙な出会いから、クマの世界とネズミ世界のどちらにもない、ふしぎであたたかい友情が花開く。

【監督】バンジャマン・レネール/ステファン・オビエ&ヴァンサン・パタール 【脚本】ダニエル・ペナック
【原作者】ガブリエル・バンサン 【上映時間】80分 【製作国】フランス 【配給】ギャガ・プラス
【公式サイト】http://ernest.gaga.ne.jp/

 ©2010 Les Armateurs - Maybe Movies - La Parti - Mélusine Productions - STUDIOCANAL - France 3 Cinéma – RTBF